かに物語

トピックス

2017.09.19 / Info

日本で唯一、「かに物語」でしか食べられないDeep Sea Red Crab

日本で唯一、「かに物語」でしか食べられないDeep Sea Red Crab
かに物語が扱っているDeep Sea Red Crabは、遠く、南アフリカ大西洋沖でかに物語の仲間たちが水揚げしています。
国内で水揚げされることはごく稀で、“幻の蟹”とも言われる蟹。別名、まるずわいがに、オオエンコウガニとも呼ばれますが、深海1000mという(深い)(海)の中に生息する、(真っ赤な姿の)(蟹)であることから、私たちは普段から『Deep Sea Red Crab』という呼び方を選んでいます。

このDeep Sea Red Crabのむき身を、漁獲から製造・販売まで行っているのは国内で「かに物語」だけです。

私たちのDeep Sea Red Crabは、世界で活躍するシェフたちからも高い評価を受け、今では、都内の有名百貨店、海外の百貨店でも扱っていただけるようになりました。
それは、この蟹が、“幻の、貴重な蟹だから”という理由だけではありません。
「かに物語」のDeep Sea Red Crabは、水揚げ後、船上で1時間以内にボイル・凍結され、むき身加工の際も一度も解凍していません。
遠い南の国の、豊かな海で育った蟹を、獲れた一時間以内の美味しさのまま、みなさまのもとにお届けしています。
「臭みがまったくない」と数々のシェフらに評され愛用され続けているのは、この独自の加工技術と弛まぬ努力があるからです。

私たちは、東日本大震災で被災し、甚大な被害を受けました。ですがその後、「特別をもっと身近に」をコンセプトに掲げ、特別な食材の一つである蟹を、もっと身近に楽しんでいただくべく、ご家庭でも調理しやすい、手軽に召し上がっていただける商品の開発やレシピの提案をおこなっています。

大切な方との特別なひとときに。
お世話になった方へ贈る特別なギフトに。
ぜひ、ご利用ください。

購入はこちらから